パリで布をたくさん買ってきた。

旅の情報

先日、パリへ行って来ました。

目的はいくつかあったのですが、そのうちの1つは布の仕入れ。

ということで、行って来た布屋を紹介します!

18区の”Place Saint Pierre@Montmartre”付近

このエリアは布屋が密集しています。いわゆる、ヨーロッパって感じの布が多かったです。

最寄り駅はメトロ2号線のAnversです。

Marche Saint-Pierre Dreyfus

この辺りでは最大の布屋のひとつ。4階建のビルで全部の階が布です。

お店の人が片言の日本語を話してきたので、ここを訪れる日本人も多いんでしょう。

ここでは部屋や窓にぶら下げようと思った布をちょっと買いました。

Les Coupons de Saint Pierre

ここでも布地を切って売っていますが端切れも多いです。路上にも店内にもたくさんあります。

18区のアフリカ人街

このエリアには西アフリカの布「パーニュ」を売っている店がたくさんあります。

今回はこのエリアにある”Rue Doudeauville”沿いにある店でパーニュをたくさん買いました!

最寄駅はメトロ4号線のChateau Rougeですが、行った時は工事中で閉鎖されていたので、

同じく4号線のBarbes Rochechouartで降りて歩きました。

店名分かりません…

ここでは、パーニュの6yard(=5.4m)の布を買いました。

問屋みたいな感じで入るのに少し勇気が要りましたが、入って良かったです。

色鮮やかな布がたくさんあって、探しごたえがあり楽しかったです。

ちなみにパーニュは、どの店でもだいたい6yard/枚で売っているようです。

African Beautiful

この店は靴や服も売っているアパレルの店なので、上の問屋と違いサクッと入れました。

ここも種類がたくさんあって選びごたえあります。

ここではパーニュの端切れを買いました。

しかし端切れと言っても3yard(=2.7m)なので、端切れというには太っ腹!という気がしますが、

服を作るには3yardでは足りないってことなんでしょうかね。

アフリカ人がよく着ている服ってこんな感じなので、体格もいいし、布がたくさん要りそうです。

ちなみにこの写真は、このエリアの最寄駅近くの様子。土曜の昼です。皆さん、商いをしていて活気があります。

KUMASI MARKET

今回、ここは前を通っただけなんですが、次回パリに行った時は訪れたい布屋です。

店構えが個人的に大好きです。

10区のインド人街

パリの玄関”Gare du Nord”のすぐ東に位置しています。

インド人街に行った時はインド料理を食べただけでインド布は買わなかったんですが、この辺ではサリーに使う布が買えます。

以上、布屋の紹介でした。

パリは移民の街なので、エリアによって雰囲気がかなり違いますが、それが面白いし、それがパリなんでしょう。

ーーー10万部売れた「クビでも年収1億」を実現したマーケティング技術とは?ーーー

サラリーマン時代に副業で1億を稼ぎ出し、10万部売れた「クビでも年収1億円」の著者であり、現在はFrontline Marketing Japan(株)代表の小玉歩氏。

エスニック鈴木は彼のメルマガを読んでいるんですが、敏腕マーケターが今の日本経済やお金の流れをどう見ているか知ることができて、とても参考になります。

例えば、90%以上の人が気づいていない不都合なお金の真実や、Youtube全盛の時代にYoutuberは一番非効率な稼ぎ方と考えている独特な視点など、副業をしている、もしくは副業に興味あるサラリーマンにピッタリな内容です。

無料登録はコチラから → 小玉歩 公式メールマガジンの詳細ページ

もっと言うならば、好きなことして稼ぎたいと考えているサラリーマンには本当にドンピシャなメルマガです。

また、以下の豪華特典もついてきます

  • 「クビでも年収1億円」のコミック版
  • 「10年後に絶滅する人々」のレポート
  • 「テリー伊藤のマル金ライダー」出演時の動画
  • etc…

もしご興味あれば、以下のリンクから登録してみてください。無料です。

無料登録はコチラから → 小玉歩 公式メールマガジンの詳細ページ

配信解除はいつでもできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました