青空てづくり市@根津神社に、手作りふんどしオンリーで出店してみた。

イベント

おはようございます。雲南十九怪店主です。

去る平成28年9月10日。東京の根津神社で開催された青空個展てづくり市に参加して来た時の感想です。

これが初のてづくり市出店でした。その名の通り、出品できるのは手作りのモノのみ。

となると、この時点ではふんどし以外の手作りのモノはなかったので、出せるものは当然「風褌」のみ。

広島に引っ越すことは決まっていたので、最後に東京で試しに出店して少しでも稼いで、あわよくば引っ越し代の足しになればいいなあ、なんて思ってました。でも、出品しているものは「ふんどし」のみ。

冷静に考えると、明らかに分が悪い。ただでさえニッチなところを攻めてのふんどし通販で、それがネットからリアルに場所を変えて、イベントでの販売になっただけ。

並べてみて人の流れを少し観察していましたが、全く売れる気がしない…

2016/ 9/10 15:28

流れの悪さは最後まで続き、ご年配の男性の方が2、3人、昔懐かしの話をしていっただけで、その日は1枚も売れませんでした。

売り上げ0!!

ふんどし以外の手作り品も作らないとなあ、と元々思っていましたが、種類や値段のバリエーションを増やす必要ありってことを強く実感しました。

あと、無闇矢鱈にイベント出店すればいいというものではなく、そのイベントにどんな人が来るかを予想して出店するイベントの系統をある程度絞らないといけない、という教訓にもなりました。出店料もかかるし。如何せん出店経験が少ないので、まだまだデータベース構築中ですけどね。

見せ方も要研究ですなあ…

ちなみにこの日は、陶器作家とミニ本作家の小商人が人気ありました。

ーーー10万部売れた「クビでも年収1億」を実現したマーケティング技術とは?ーーー

サラリーマン時代に副業で1億を稼ぎ出し、10万部売れた「クビでも年収1億円」の著者であり、現在はFrontline Marketing Japan(株)代表の小玉歩氏。

エスニック鈴木は彼のメルマガを読んでいるんですが、敏腕マーケターが今の日本経済やお金の流れをどう見ているか知ることができて、とても参考になります。

例えば、90%以上の人が気づいていない不都合なお金の真実や、Youtube全盛の時代にYoutuberは一番非効率な稼ぎ方と考えている独特な視点など、副業をしている、もしくは副業に興味あるサラリーマンにピッタリな内容です。

無料登録はコチラから → 小玉歩 公式メールマガジンの詳細ページ

もっと言うならば、好きなことして稼ぎたいと考えているサラリーマンには本当にドンピシャなメルマガです。

また、以下の豪華特典もついてきます

  • 「クビでも年収1億円」のコミック版
  • 「10年後に絶滅する人々」のレポート
  • 「テリー伊藤のマル金ライダー」出演時の動画
  • etc…

もしご興味あれば、以下のリンクから登録してみてください。無料です。

無料登録はコチラから → 小玉歩 公式メールマガジンの詳細ページ

配信解除はいつでもできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました