「ふんどし」って何?

このページは「褌」という物についての簡単な紹介ページです。

褌について知りたいという知識欲旺盛な方、是非読んでみてください。

一方、知りたいと特に思っていない方。通りすがってしまったのもきっと何かのご縁。サラッと読んでいっていただけると嬉しいです。

では、始めます。

「褌」とは日本の伝統的な下着です。「ふんどし」と読みます。

褌の型にはいくつか種類がありますが、エスニック鈴木のふんどしは「越中褌」です。

概略は以上です。

次に、褌の効果や利点を以下に挙げます。

蒸れない。高温多湿の日本の夏に最適。日本ではなくても、日本の夏と気候が似ている場所とは相性バツグン!

洗濯の後、乾くのが早い。

ゴムを使っていないので、締める強さ自由自在。

鼠蹊部(足の付け根)が締め付けられないので、リンパの流れや血流を妨げない。その結果、免疫力が上がり健康になる。脚が冷えない。運も開く?

以下に挙げる褌の更なる利点は、旅行が好きな人は必見です。

パッと見は手ぬぐい、という簡素な作りなので、仕舞う時に嵩張らない。

タオルが無い!という緊急事態が発生してもしなくても、タオルとして使える。

さて。これだけの効果、利点があるのになぜ、褌を使っている、という話をあまり耳にしないのか。

店主が考えるに、まだあるかもしれませんが以下の点が挙げられると思います。それぞれに意見を書いたので、ふんどしライフを始めたいけど勇気が出ない… という方、ご覧ください。

Q. 褌って過去の遺物じゃないの?

A. 違います!今、密かなブームです。これから来ますよ!

Q. 褌って男の人がするものでしょ?

A. そんなことはありません。手作り作家が出店しているサイトで褌を探すと女性物のほうがずっと多いという現実がありますし、ウィキペディアにも「男女ともに使う」と書いてあります。当店で扱っている風褌も、男女問わずお使いいただけます。

Q. つけるのが面倒くさそう。というか、そもそも、どうやってつけるの?

A. この画像をご覧ください。店主渾身の作です。

Q. トイレの時、どうするの?

A. 褌を外さなくても用が足せます。上の画像の1番の状態になった後、褌を股下ではなく、背中側を上に持っていきます。その後は、肩にかける、脇に挟む、手で持つ、など、各々の体格によってやりやすい方法を研究しましょう。勿論、外しても問題ありません。なお、男性の小の場合は、横からポロっと出すだけです。

Q. ぴったり目の服だと、褌の形が目立ってしまうんじゃない?

A. 仰る通り、ぴったり目の服との相性は良くありません。寝る時、もしくは和服を着る時にいかがですか?

今のところ、思いつくのはこんなところです。何か思いついたら、随時追記します。

保存

保存

保存

保存