毎日ふんどし。

見て旅気分、締めてスッキリ。そんなエスニックふんどしを作ってます。「エスニック鈴木」というふんどし屋もやってます。

今年のJapan Expo Parisに出展します。

あけましておめでとうございます。

今年もエスニック鈴木をよろしくお願いいたします。

今年は既に、エスニック鈴木にとってのビッグイベントが決まっています。

それは。

パリで開催される"Japan Expo 19"に出展

です。

屋号は「エスニック鈴木」ではなく、海外向けの屋号「Suzuki Ethnic Works」で出るつもりです。

もちろん、ふんどしで。

そもそもの話、Japan Expoって何?

Japan Expo には、日本と日本文化に恋する人たちが一堂に会します。マンガ、武道、ビデオゲーム、民芸、J-POPから伝統音楽までをカバーし、日本文化に関心を寄せる人にとっては見逃せない祭典、それがJapan Expoです。パリ市内から30分でニッポンを丸ごと満喫できます!

Japan Expoとは?から引用

会場内にはアニメ・ゲームのエリア、パフォーマンスのステージ、伝統工芸のエリアなど、があるんですが、エスニック鈴木は伝統工芸のエリア「WABI SABI」にて出展です。

WABI SABIのエントランス

WABI SABIの中

会場はパリ・ノール・ヴィルパント(Paris Nord Villepinte)という、東京でいう、国際展示場みたいな場所で開催されます。

会期は7月初旬に4日間。今年は7/5(木)~8(日)です。

概要は分かった。規模はどんなもんなの?

去年のJapan Expoに行ったんですが、まあ、広い広い。正直なところ疲れました。

ここ5年間の来場者数は毎回、4日間で20万人超

そのうちWABI SABIに来るのは半分としても10万人

何人、ふんどし買ってくれるかな。

購入率1%でも1000人の人が買ってくれる計算か。

って、そんなにたくさん作れん!

実際の雰囲気はどんななの?

現地にいたのは木曜の午前から昼過ぎで、人が少ない時間帯でしたが、それでもたくさんいました!

朝イチの入場待ちの列から既にこの状態。

そして、コスプレの人が多かった。現地に向かう電車の中からすでにコスプレしている人もいたし。

ちなみに、エスニック鈴木のベストコスプレ賞はアラレちゃんです。40過ぎくらいの人たちには懐かしいですね。

この写真はそうでもないですが、予想通り、ゲームや漫画のエリアは人でごった返していました。

漫画のタイトルはフランス語で…

大人買いも多数。

WABI SABIはというと。

漫画やゲームのエリアほどの賑わいはなかったものの、今まで国内で出店したどのイベントよりも人が来ていました。

「週末の人出はものすごかった」という後日談もありますし、来場者数に関しては心配いらなそうです。

他には将棋、囲碁、オセロが自由にできるエリアあって、そこの雰囲気がなんだか微笑ましかったです。

海外に行くと公園や道端でチェスやトランプをしている風景を見かけますが、それと同じですね。

彼らが指している将棋の駒。これを考えた人、賢い!

プラモ製作コーナーもいいですね。

体験コーナーも楽しんでいる様子が見て取れます。

怪しげというか、変なものというか、も売ってます。

食べ物も色々ありました。

高いですね。(1.00EUR≒¥130.00)

餃子は海外でも受け入れられやすい食べ物だと思いますが、餃子って日本料理か?

やはり寿司は鉄板。それにしても、毎日寿司食ってる日本人ってどのくらいいるんだろう?

おにぎりは寿司に並ぶほどの知名度を獲得できるのか。

こんな動画もあります。お時間あればどうぞ。

そんなわけで、今年はふんどし製作を今まで以上に励むことから始まります。

ていうか、その前に生地買わないと!

↓↓↓ふんどし通販なら。エスニック鈴木 ネットショップ↓↓↓

-ふんどし, お知らせ, 旅の情報, イベント