ブックカバー(文庫本サイズ) ミンサー柄 紺

色々な厚さに対応できるように片側は自由に折り曲げられますし、芯には薄い不織布を使っているのでかさばりません。

また、少し長めに作ってあるので、

折り曲げる側を読みかけのページに挟んで、

本を閉じると栞にもなります。

ちなみにミンサー柄とは、五つと四つの四角からなる沖縄の伝統的な模様です。

5つ(いつつ)、4つ(よっつ)の音に、「いつの世も末長く幸せに…」という意味がかけられています。

粋な言葉の使い方だと思うのは、店主だけでしょうか。